雨天時の中止のお知らせ

花炭の留意点



早乙女 こじま(編集)2024.2.13

田んぼの作業 (服装・履物)


田んぼに初めてはいるという方に向けて、どのような身支度が適当なのか、留意する点をまとめてみます。

服の材質にもよりますが、田んぼの泥は洗濯しても完全には落ちません。特に、綿素材は落ちにくく、シミになってしまいます。

誰にでもあてはまる身支度の正解はありませんから、下に書きます留意点を見て、それぞれにて工夫をお願いします。

■新たな情報があり次第、改定・追記を行なっていきます。

服 装

  • たとえ捨てることになったとしても惜しくない衣服
  • 化繊ものや表面がツルツル素材は洗い流せるため、泥には強いかなと思います。
  • 小さい子どもは尻餅をつくことが多いので、下着まで着替えがあると良さそうです。

  • 手は爪の中に泥がはいるとなかなか取れませんから(10日間ほど取れません)、軍手やゴム手袋をはめると良さそうです。
  • ただ、田植えの場合は細い苗を手で分けますから、素手が適当と思います指にフィットした薄手のゴム手袋も使えるかもしれませんが、わたしは試してみたことはありません
  • あぜ塗りの場合は軍手(滑り止めの付いたもの)やゴム手袋が使えます。ただ、ゴム手袋は蒸れて手に汗をかきそうです。素手でもかまいません。軍手は使い捨てになります。

履 物

  • 履物は、普通のタイプのゴム長靴では泥に足を捕られ、歩を進めることがむずかしいです。足だけがすっぽ抜けることもあります。
  • 素足でも特に問題ありません。踏んでケガをするような物はまずは田んぼの中にはありません。何かの虫に刺される可能性はないとは言えませんが、刺されて痛かった、かゆくなったという話はまだ聞いたことがありません。
  • 手と同じく、爪に泥が入るとなかなか取れませんから、古靴下を履くのも良いです。いくらか防ぐことができます。
  • 足にピッタリフィットするゴム長靴が適していると思います。普通のゴム長靴よりやわらかくて薄手の素材で、口をひもで絞ることができるタイプです。ホームセンターで売っているようです。
  • 昔からある地下足袋も適しています。
  • けれども、長靴も地下足袋などもわざわざ買うこともありませんので、いらない靴下をはいての作業が手っ取り早いでしょう。

長池里山クラブのホームページへ跳ぶ


こじま 2023.6.6