カシナガトラップ設置 2022年5月


赤羽です。

昨日(5/26)、製作したカシナガトラップを第8地区(梅林の隣)に1組3本を設置しました。トラップ1本にペットボトル30個使用して、1年がかりでペットボトルを90本集めて、製作したものです。

下部の補虫部にアルコールを入れて、この中にカシノナガキクイムシ(カシナガ)が入ってきます。このカシナガトラップの設置は、ナラ枯れを防除するというよりは、カシナガがどのくらい飛んでいるかを見るためのものです。6月と7月でどのくらいカシナガが入るかカウントしてみます。

昨年、同様のトラップを多摩市立豊ヶ丘小に2組設置したところ、約2か月間で5354匹をカウントしました。

2022.5.26

えッ、5000匹以上数えたって!?
WEB上に見つけた記録では、ある程度の量(虫の数)の重さを計って全体量を推計したと書いてありました。なるほど。それは10万単位の数でしたから、当然と言えば当然ですね。

こじま


5/31に赤羽さんがカシナガトラップの捕獲状況を確認に行って撮影した写真2枚です。


6/11日(土)の田植えの後に数人の会員でカシナガトラップを見に行きました。この写真が収穫物のカシノナガキクイムシです。エタノールにひたっていたとかで、臭いがプンプンしました。(上の写真参照)何匹をカウントしたのかは報告待ちです。佃煮か、ふりかけみたいに見えますけど、このままでは食べられたものじゃないでしょうね。甘辛に煮たらどうだかわかりませんが……。 こじま 2022.6.13


長池里山クラブのホームページへ跳ぶ

「カシナガトラップ設置 2022年5月」への1件のフィードバック

  1. 一年かがりで90本集めなくても、「みんな〜、持ってきてくれる!?」と、声を掛ければ、一日で集まりそうだけどね。皆さん、喜んで協力してくださるんじゃないかな。
    こじま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA